scarletfactory 〜13th.UltraQuiz Champion 長戸勇人 official HomePage〜
Scarlet Factory~13th.UltraQuiz Champion 長戸勇人 official HomePage~Scarlet Factory~13th.UltraQuiz Champion 長戸勇人official HomePage~

コラム 毎週木曜21時更新

2017年10月26日  『28年前日記』 番外編 1週目! (1989年10月26日)

『史上最大 第13回 アメリカ横断ウルトラクイズ』の1週目の放送が終了した。

いやー、この日は正直、朝からドキドキしていた。だってあのツアーがどう描かれるかわからなかったからね。

しかも1週目だけは、どの部分が使われるかわからないから、かなり気を揉んでいた。
こっちはいろいろ仕掛けをしていたので(笑) ほとんどカットされない自信はあったけど、でも演出の加藤さん次第だからなー。

この1週目のドキドキは永田さんや秋利を始め、ツアーに参加した全ての挑戦者にとって同じだったと思う。

さて! ここからは放送を見ての僕の勝手な感想と、「ツボ」(笑)を紹介して行こうと思います!
これは「28年前日記」みたいなちゃんとしたものではなく、かなり軽い内容です。先に謝っておきます。ごめんなさい(笑)
さっき放送が終わった「1週目」を思い出しながら(または、見ながら)、読んでちょうだいねー。

◆ ◆ ◆

●オープニング

まず驚いたのがオープニングだった。
「あれ? いつもと違うやん! 高島さんと石川さんは?」
「あ、そういやオレ、スタジオに呼ばれてないやん。えー!大丈夫なんかー?」
放送を見て慌てたのは日本中で僕だけだっただろう。

ハンディカメラでの映像が続く。
「うんうん、たしかにあったなー、ハンディカメラ。ニュージーランドでオレらも渡されたなー」
大体毎年、ここらあたりの時間帯は自分も知り合いも誰も映らないので適当に見てるのである。

●タイトル

『史上最大…』
「タイトルきたー!」
ここでテンションMAXになる(笑)
懐かしい場所がいくつも出て来て、すでに泣きそうになる。
でもエアーズロックは行ってないぞー!(笑)

「カンガルー! あ、モーリーか! 懐かしい!」
「トマトー! あれ永田さんやん! ズルズル落ちとるやん」
「でたー。オレー!」
この時は家のテレビの前で一人で叫び続けていたと思われる(笑)

「トマトは4週目かー。遠いなー」

●ルート紹介

「なんやこのルート紹介」
後になってわかったのだが最初の英単語の綴りが間違っていたのだった。
なんと「ROUTE」が「ROUT」になってるのよ。さあ果たして何週目でスタッフは気づくのか!(笑)

「ROUT紹介のBGM、むっちゃカッコええやん、これはこれでアリやなー」
ちなみにこの曲のタイトルは『The Electric future』。演奏しているのはエレクトーン奏者の窪田宏さんである。

●トメさん、歴代チャンピオン入場

「トメさーん」
テレビに向かって手を振ったのは覚えている(笑)
そしてディフェンディングチャンピオンの瀬間先輩入場。
「あの目つき何やねん(笑)」

歴代チャンピオンは何人かオープンカーに乗っているのだが、『第9回』の金子さんだけトメさんに名前を呼ばれないというハプニング。
なんか、事前連絡なしにチャンピオンの集合場所に行ったからトメさんのナレーションに間に合わなかった、とか聞いたことあるけど、でもVTRをよく見たら服につける花にはちゃんと「金子」の文字が見える。だからあらかじめ用意はされていたはずだ。
これは今もって謎なのだー。

しかし歴代チャンピオン、全員がシャツインで時代を感じる。

優勝賞品が発表になってクイズを出される。
ここで熱視線! いや、「ツボ」が!

稲ちゃんが答えた「10万26歳」なんだけど、実はあれは彼の声ではない。
多分音声が拾えてなかったか何かなんだけど、とにかく明らかに彼の声ではないのだ。
で、何が面白いかって、アフレコをしたスタッフの方が稲ちゃんの声をモノマネしているのである(笑) それっぽい声にしていることで苦労が偲ばれるのだ。

●参加人数発表

上から挑戦者を映す。
「うわー、RUQS、黄色いなー。年々やらかしてんなー」
あの黄色いTシャツをRUQSが導入したのは『第10回』。アイデアは当時1回生の僕だったりする。最初と翌年のシャツのデザインも僕だった。

●第2問

花王の問題。ここでツボ!
この問題のシンキングタイムで2年後に優勝する能勢一幸が映っているのだ!

アメリカの国旗っぽい服を着た親子連れが階段を降りて行くシーンがある。その家族の向こう側に黒い服の能勢がはっきりと見切れてる。
おわかりいただけたであろうか。

●第3問

津波問題ね。
このあと敗者席で渡辺リーダーをピコハンマーで叩く女性、高橋朋子さんは2年後にドームを見事突破。大陸上陸まで果たしてしまう。すごいヒキだなー。

●ボールを持って走る!

いよいよボール問題。ここらあたりから友人や知り合いがよく現れるので、目を皿のようにして見る。
放送開始後約50分。長戸勇人、初めてちゃんと映る(笑)

そしてこの問題で小林直樹さんが画面中央で落ちる瞬間がはっきり映る(笑)
彼は補欠合格したのだった。

さあみなさんご一緒に。

「えー、これー?」

●たまげた問題

長戸勇人、ここで初めてアップになる。
僕がずっとタオルを離さないのは、この時点ですでに肝炎を発症していて熱があり、ヘンな汗が止まらなかったのだ。

そして正解発表。たった7人だけが正解だ!
そういやニュージーランドの食事会でトメさんが「本物の勝者はあの7人だけだからなー」と言ってたことを思い出す。たしかに! 今だったら「神セブン」とか呼ばれてるなー。

ちなみにこの時、RUQSからは谷中(泥んこ負け)、村上(ワサビ食べても負け)、山本(マリック負け負け)、そして恒川(荷物運び)の4人が通過した。

●敗者復活

「山下真司」に出てきた最初の2人は早稲田のクイズ研である(笑)
そのうち2人目の「メガネを取れば似ている」とハードルを上げられた奴は、我が東京クイズ倶楽部のメンバーだ(笑)

●成田空港

ここが一番ドキドキだった。
僕はチェックポイントのオンエアのコンプリートを目論んでいたのだけど、この成田だけが映るかどうかの心配だったのだ。
「映った!いえーい!」
だからジャンケンのシーンが映ったときは嬉しかったなー。

ちなみに最後にトメさんが「しっかりしろ!」と僕に声を掛けたのは、僕が派手にステージからコケたからである。当然カメラを奪取するためである(笑)
放送では見事カットされた。

●機内400問ペーパークイズ

トメさんの「あと30秒」で僕が驚いた顔をしているのは「28年前日記」でも書いたけど、トメさんが時間を間違えていたから(笑)
よく考えたらヤバい話だよなー。

400問終了後に稲ちゃんが両手で「×」を作ってるけど、あれは僕が「どうでした?」って聞いたからだったと思う。
稲ちゃんも当然トップ候補だった。「×」は信用できないと思っていた。

タラップから降りてくるところもちゃんと映る。そりゃそうだ、確実に映るために1位を狙ったんだから。(ここで映るにはこれしか方法がないんだよなー)

●グアム

背泳ぎのシーンが映る。
ファンレターには「泳いでるシーンでヒゲがないのでビックリしました」ってのが何通かあったけど、あの段階であれが僕ってよくわかるよなー。すごい。

さあ、いよいよ泥んこクイズだ!

「いきなり松岡かよー。懐かしい!元気かー」
しかしながら僕はこの時、すでに落ちていたのだった。だって泥に飛び込むのは3人目だったからね。
「あれ? まさかのグアムでカットなのかー?」

と思ったら番組の予定終了~。

「うー、ここまでかー」

◆ ◆ ◆

以上が1週目なり。
改めて書いてみたら思った以上にアホっぽいなー(笑)

とにもかくにも、ほとんどの皆さんにとっては、この1989年10月26日というのが僕を初めて認識した日でもあると思われる。

今から28年前、どんな感じで見ていたのでしょう。
よかったらコメントに書いてくださいね。

ではまた来週の木曜日!




コメント(27)

“『28年前日記』 番外編 1週目! (1989年10月26日)” への27件のフィードバック

  1. フカザワ より:

    2問目の能勢さん、私も中学生のときビデオを見返していて気付き、後年、能勢さんとお話する機会があったときに、「13回ウルトラのとき、一橋クイズ研のTシャツって黒でした?」と本人にお訊きしてウラを取ったことがありました(笑)。ご本人もお気付きでなかったような・・・。

    • Nagato より:

      いや、この話を聞いたのは能勢本人からだよ。
      そうか、アイツ、オレに「映ってますよー」と言ったのに自分では発見できてなかったのか。
      ってフカザワは相変わらずすごいマニアだなー(笑)

  2. マル子 より:

    機内400問ペーパークイズ通過者もほぼ全員シャツインですよね。時代を感じます(笑)

    出場者目線からの感想や小ネタ、とっても面白いです!
    第2週目も楽しみにしています♪

  3. ゆみ~ご より:

    28年前の今日、13回が放送開始だったんだなぁ。
    長戸さんの見るポイント、言われて気づくものもあって、
    今13回を見ながら、コメントを書いています。
    さらに見るのが楽しくなります!

    当時私は高校受験を控えて、受験勉強していました。
    (いわゆるロスジェネ世代です)
    と~っても宿題の多い塾に行っていたのに、でもウルトラクイズはきちんと見ていたどころか当時も何回も見ていました。いつ勉強していたんだろ?と全く思い出せません(笑)

    私もびっくりしたのがルート紹介でした。あれ?スタジオではないんだって。
    でもこのルート紹介も好きです。
    窪田宏さんは、エレクトーンをやっている人なら知っている人も多く、私も窪田さんの曲は何曲か弾いています。
    でも、この「The Electirc Future」は結構難しいので挑戦もできなかった・・・ 最新のエレクトーンで弾けたらかっこいいこと間違いなしなんですけど。今からでも挑戦してみようかな~(まず指が動かない ^^;)

    1週目はまだ見ていてもどんな人がいるのかってそこまで分かりにくいですから、まだファンになるような人が見つからずですね。長戸さんもまだわからず、「ひげの人だな~」ぐらいの印象でしかなかったぐらいでした。
    (すみません。。。)
    毎年、どんな人が残ってクイズをしながら旅をしていくんだろうってワクワクしていたな~、私もあと4年後にはここに出るんだ!って思っていた1週目の放送でした。

    • Nagato より:

      4年後~。ということは、幻の第17回が初参加だったってことね。まさにロスジェネ!
      そうなんだよねー。僕も毎年「あと○年!」って思いながら見てたもんなあ。

  4. Sakurako より:

    ウルトラクイズを最初から最後までしっかり見てたのは13回だけで週を追う事にドキドキしてたのを覚えています。
    偶然テレビで流れていて、本当に第一週目はなんとなく見ていたので、第1問目が新聞発表って大変だなあとか徳光さんとお子さんの一こまが印象的だったり。

    ドーム予選の問題で1番覚えてるのが花王の問題です。
    小学生の私は顔を洗うにとても関心してました(笑)
    クイズ研究会があるってこともこの時初めて知りました。

    長戸さんを覚えてるのはじゃんけんです。
    まさか全てパジャマも計算とは露知らず。
    髭姿からグアムで剃られたときは全然印象違って、あの鳥さんの帽子もインパクト大でした。

    当然ですが全然目線が違いますよね。
    私にとってはここから始まりですから。
    ですのでとても面白いなあと思いました。
    来週も楽しみにしています。

    • Nagato より:

      そうでしたか、小学生でしたか。マセガキですねー(笑)
      パジャマもヒゲも全部仕掛けだったんですねー。
      でも今更ながらちょっと申し訳ない気がしてきました。
      当時小学生のみなさんにはごめんなさいしたい気持ちです。当時小学生限定です。

  5. すいか より:

    こんばんは。通りすがりのベイスターズファンです。

    この前やっと思い出したのですが、この年と次の年は、塾&当時まだビデオデッキが家になかったため、最初と最後の週しか見ていませんでした。
    じゃあ、いつフルコンプしたのか?…なんと翌年3月のウルトラクイズ再放送だったのです(関西地区の人しかわからない話)。

    というわけで、この週は放送されたときに見ていた週でした。
    成田の敗者復活を見て、すぐに涙を流せる訓練をしたバカは私です。のちに演劇やっていたときに、役立たせようとしたら、あのBGMと恒川さんの笑顔が脳裏に浮かんで、全く役に立たなかったというのは忘れます。

    閑話休題(それはさておき)。

    成田ジャンケンをぼーっと見ていたら、横にいた小6の妹が、
    「あ、この人かっこいい」
    と言ったのが、長戸さんでした。
    私は、「へー、妹の好みってこんな人なんだ、変わってるなあ」と思いながら聞き流しました。

    どちらが変わり者だったか、すぐにわかるお話でした。

    では、リアタイ視聴の5週目まで、しばらくさようなら〜

    • Nagato より:

      関西だったのね。
      ちょっと記憶が混乱しているみたいだけど、実は関西ではあの年の12月にフルバージョンで再放送をしたのよ。
      僕はそのときのビデオをずっと見てるからわかる。本放送のは保存用でたまに見たぐらいだから。

      涙を流す練習、その鼻血っぷりがいいです(笑)
      あれだって『第8回』でやったネタだからね。そこで練習していた人なら13回成田では簡単に勝ち抜けられたはずだから。

      妹さん、相当変わり者ですな。

      • すいか より:

        あれは12月でしたか。失礼しました。
        ビデオがやっと実家に導入されたのが1992年3月で、そこで第15回の再放送があり、喜んで録画して残したことがあったので、もしかしたら、その記憶と混ざったのかもしれません。

        • Nagato より:

          そう、コマーシャルはバーゲンのやつをやってたのよ。
          深夜にやってたんだよね。それまで関西で再放送をしたのは『第10回』と『第13回』だけだったから新鮮でした。

  6. あきとし より:

    お前がテレビ見てる情景が目に浮かぶし、「28年前日記」本編よりオモロイわ。

  7. なりすけ より:

    パジャマを着てジャンケンをしている姿を見て以来「えらく主人公オーラのある人だなー」と思って観ていましたが、全てのチェックポイントにまんべんなく映る為の努力から生まれた主人公オーラだったのですね!
    そう思って観返すとドーム予選はクイズ王の横に居る顔色の悪い人をフレームから外そうとするカメラさんとそこに食らいついて行く長戸さんとのバトルに見えてきました。好カードをありがとうございます。

    • Nagato より:

      主人公オーラ! 28年間で初めて言われました。ありがとう。ほんまかいな。

      ドーム予選はね、残念ながらカメラを意識してなかったですね。だって病人なんだもん(笑)死にそうだったのよ、あれ。

      あそこで唯一頑張ったのは、100人が決まって全員が整列するところかな。最前列にいるでしょ。
      初めてトメさんと言葉を交わしたのもそのときでした。

  8. K より:

    当時は中学生。二週目位からクラスの中で各々贔屓の挑戦者が出来て応援してました。
    因みにクラスの人気ナンバーワンは、、、、、、、、秋利さんでした。僕は勿論長戸さん推しでした(笑)。

    • Nagato より:

      秋利が人気ナンバーワン? は?
      28年目で初めてのパターンやな。だいたい中学生のクラスでの人気ナンバーワンは木村だったからなー。

  9. 日髙大介 より:

    こんばんは。

    『第13回』のときは小学6年生でした。
    僕の記憶が間違っていなければ、ウルトラ17回の歴史の中で、ルート紹介で「準々決勝」という言葉が使われたのは、後にも先にも第13回のメンフィスだけです(他の回で、各チェックポイントの冒頭で福留さんがナレーションすることはありましたが、ルート紹介ならびにテロップでハッキリ出たのは『第13回』のメンフィスだけだと思います)。

    リアルタイムで観ていた当時、「準々決勝」という言葉の響きが妙にカッコ良く(「アヒルの鳴き声」との対比も良かったんだと思います)、大好きな日本語のひとつになったと同時に、今年のウルトラは何かが違う、超本気の戦いが続くのかもしれない、と本能的に感じたのを覚えています……って、マニア過ぎるツボで申し訳ありません(笑)

    • Nagato より:

      ほらここにもマニアが1人(笑)
      そうなんだ「準々決勝」って言わなかったのかー。それはツボやなー。

  10. ゆこ より:

    私も一週目で、長戸さんを応援し始めました。さすが私、目の付け所は正しかったわ!(笑)
    そしてシャツinズボン、ケミカルウォッシュのデニム、ツーブロックの髪型、ソバージュ、どれを見ても古き良き時代を感じますね~。

    • Nagato より:

      1週目からでしたか。それはすごい。あんなビゲオヤジ、僕なら応援しません(笑)

      見返すと80年代の香りがプンプンする大会だったよね。あと、バブルと。誰か1人ぐらい肩パットを入れたスーツで答えてほしかったなあ。

  11. ラッシー より:

    私は13回の時は小6でした。ウルトラのビデオは親父が録画してた第7・11・12回を繰り返し見てたんですが、当時は他の回とのレベルの差なんかも全然分からないですし、11回で圧勝した(ように見えた)稲川さんこそが私の中での最強のクイズ王でした。

    なので、13回でも1週目の放送が終わった時点では、当然優勝は稲川さんだな!と思っていました(笑)すみません。

    • Nagato より:

      いや、何か勘違いされているようですが(笑) 稲ちゃんは「圧勝」でしたし、最強ではなかったけど(笑)「クイズ王」だったし。そして最後の「すみません」は謎だし(笑)
      僕ぁ後輩として稲川先輩を誇りに思ってるでゲスよ。ドロで負けなければ絶対にトマトぐらいまでは行けたと思います!(って十分失礼や(笑)すんません)

      • ラッシー より:

        謎のコメントに返信ありがとうございます(笑)
        以前瀬間さんや永田さんとのトークライブでも稲川さんの話題が色々出ていて、長戸さんが稲川さんを誇りに思っているのがビンビン伝わってきて嬉しかったです(笑)いや、ここ笑うところじゃないですね。

        実際ドロで負けなければ稲川さんがあのメンバーの中どこまで勝ち進んだかなーと想像するのも楽しいのです。やっぱりウルトラのチャンピオンって何かを持っている方だと思いますので、あのメンバーじゃキツイだろ…とは思いながらも実は結構上位まで勝ち進んだかも…と妄想が広がっちゃいます。

  12. ターにいっ より:

    1週目はワシは殆ど画面に映ってないので、優勝する奴は最初から狙っとんのねと感心したのを思い出しました。勿論わしも優勝めざして参加してたのだが、度合いが違うと言うか。
    クイズ研の先輩面して後々偉そうな口きいてましたが、成田空港で「長戸が勝ちよった」と後輩らが忌々しそうに言ってたのが長戸の名前を意識した最初だったからな、現役のクイズ研事情には疎かったのよ。

    • Nagato より:

      誰かと思えばター兄ィじゃござんせんか。ごぶさたしています。
      そうねー、散々な言われ方をしていたのはかなり早い段階で知ってましたよ。
      まあ僕は淡々とミッション(笑)を進めて行くだけだったので気にもしませんでしたが。
      そんな中、あなたと知り合いになれたのは僕にとってはとても良かった出来事の1つでしたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です